Windouws10で簡単に、スクリーンショットを保存する方法を紹介します。

「Snipping Tool」というアプリを使う方法です。

 

 

Snipping Toolの探し方

 

2通りあります。

 

《 1つ目 》

 

1.画面下タスクバーにある「スタート」横の検索窓に「Snipping Tool」と入力して検索する。

 

2.出てくる。

 

 

《 2つ目 》

1.「スタート」を左クリックし、画面左側を下にスクロールする。
「A」から順に並んでいるので「W」欄から「Windowsアクセサリ」をクリックする。

 

2.出てきた一覧から探す。

 

 

「Snipping Tool」の使い方

 

「Snipping Tool」を開く

見つけたアプリをクリックすると、画面上に下の小さいツールバーが出てきます。

 

 

 

 

切り取り領域を指定する

「モード」をクリックして保存する画面上の領域を指定する。

 

 

 

[imglist icon=”dot2″ color=”blue”]

指定できる領域は4パターン

  • 自由形式の領域切り取り(オブジェクトの周りに任意の図形で切り取れる)
  • 四角形の領域切り取り (カーソルをドラッグして四角形で切り取れる)
  • ウインドウの領域切り取り (ブラウザー ウィンドウやダイアログ ボックスなど、キャプチャするウィンドウを切り取れる)
  • 全画面領域切り取り (画面全体を切り取れる)
[/imglist]

4つの内のどれかを選んで切り取り領域を決定すると、Snipping Tool ウィンドウに自動的にコピーされます。

 

 

 

メニューの切り取り領域を指定する

例えばWindowsメニューを切り取りたい場合、モード選択をする時にメニューが消えてしまいます。そういう場合は、

1.「Snipping Tool」を開いた後、画像が必要なメニューを開きます。

2.「Ctrl」を押しながら「Prt Sc」を押します。

3.「モード」を選択して保存する画面上の領域を指定します。

 

 

切り取り領域にコメントをつける

保存する領域を指定すると、「ペン」「蛍光ペン」「消しゴム」ボタンが出てくるので、コメントを書いたりラインを引いたりできます。

手書きなので、真っ直ぐな線を引くのは難しいですが、これはこれで味のある画像になります。

 

 

 

切り取り領域を保存する

 

1.「切り取り領域の保存」を押します。

2.「名前をつけて保存」のダイアログボックスが出てくるので、ファイル名、場所、および種類を入力し、[保存]を選択します。

 

 

★URLを削除する

ブラウザー ウィンドウから切り取り領域を指定し、HTML ファイルとして保存すると、切り取り領域の下に URL が表示されます。

URL が表示されないようにする方法は

 

1.「ツール」をクリックし「オプション」を選択

 

2.「切り取り領域の下にURLを追加する(HTMLのみ)」のチェックを外して「OK」を選択する

 

 

 

★切り取り領域を共有する

切り取り領域の指定後、「切り取り領域の送信」ボタンの横の矢印を選択し、一覧から任意のオプションを選択します。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしたか?

 

このツールは、

画面に表示されているものを、欲しい部分だけ切り取るのに適していると思います。

 

サイズを調整したり、キレイに加工したい場合は従来通り、

Win」+「Prt Sc」でスクリーンショットを取り、ペイントに貼り付けて加工する方が便利だと思いました。

 

効率アップのためにもっと使いこなしたいです。

 

 

 

 

画像の説明文