アフィリエイトで稼ぐためにはASPに登録しないといけません。

登録しないと、普通の主婦がネットでたくさん稼ぐなんてできませんよね?

 

でも、そのASPの仕組みと付き合い方、

自信を持って答えられますか?

 

そんなASPの基本について書いていきたいと思います。

 

 

 

ASPの3つの役割

 

ASPの役割には

 

  • 広告主と契約する
  • 成果を測定する
  • アフィリエイターと広告主の間で調整をする

 

の3つがあります。

 

 

広告主と契約する

 

私みたいな一般人が、企業と提携して収入を得ようなんて、

どうやったらいいか分かりません。

 

売れそうな商品のある大企業なら

なおさら、問い合わせするにも勇気がいります。

それに、できるだけたくさんの企業と提携したいですよね?

 

考えただけで他の仕事を探します。

 

 

その手間をはぶいてくれているのがASPです。

私たちは、登録するだけで無料で広告を貼ることができます。

 

 

成果を測定する

 

アフィリエイトで報酬を得るには、

広告を貼って、商品が売れたり、資料請求されたりしないといけません。

 

その行為がされたかどうか(どれだけ成果が発生したか)を確認する仕組みが必要です。

これを確認するにはどうしたらいいのか・・・私にはわかりません(ノД`)

 

家族経営の会社なんかにも難しいことかもしれませんよね。

 

 

アフィリエイターにとっては、きちんと成果を確認してもらわないと困るのです!

(売れているのに報酬が貰えない!?なんてことにもなっちゃいます)

 

それをASP側でやってくれます。

 

 

アフィリエイターと広告主の間で調整をする

 

 

広告主から報酬を得たいアフィリエイター”と、

低コストで商品をたくさん購入して欲しい広告主”の

間に立って調整してくれる役割もあります。

 

実は、アフィリエイターと広告主の考えは相反しています。

 

そこのバランスをうまくとってくれているのですね!

 

 

 

ASPはどっちの味方?

 

では、ASPはアフィリエイターと広告主、どっちの味方なのでしょうか。

 

広告主と手を組んで、

何もしらない初心者アフィリエイターをだまそうとしているのでしょうか?

 

 

まさかですよね。そんな業種が長く続けられるわけがありません。

 

 

ASPは、アフィリエイターに稼いで欲しいと思っています。

 

 

アフィリエイターが稼ぐということは、商品がたくさん売れるということです。

すると、ASP側の収入も増えます。(ASPもただでは仕事しませんからね)

 

 

稼げるアフィリエイターが増えれば、

ASPに登録してくれる広告主も増えます。

 

すると、紹介できる広告も増えて

アフィリエイター側も紹介しやすくなりますよね!

 

 

当然ASPは、どちらにも利益を上げて欲しいと思っているのです。

 

 

広告主がアフィリエイト広告を出す理由

 

テレビやラジオ、新聞、街頭ポスターなど広告を出す場所はたくさんあります。

でも、広告費って高いイメージありませんか?

 

 

ビジネスの基本ですが、コストは安く抑えたい。

なるべく低コストで利益を上げたいのが本音ですよね?

 

 

アフィリエイト広告は、その希望を叶えてくれるのです。

なぜなら『成果報酬型』だから。

 

例えば新聞に広告を載せるには、

紙面の掲載場所や大きさなどで金額が決まっています。

1つも商品が売れなくても、広告費は同じです。

 

アフィリエイト広告なら、売れた分だけの支払いで済みます

 

 

 

広告主にとっても、アフィリエイターはいて欲しい存在なんですね。

私たち、求められていますよ!

 

 

まとめ

 

アフィリエイトをやろうと思ったきっかけは何ですか?

きっと『お金が欲しい』という自分本位な考えだったと思います。

 

もちろん私はそうですよ。

 

 

でも、やっぱりビジネスですから

人とのつながりや存在意義を理解して、気持ちよく作業をしていきたいですよね。

 

 

この記事がお役にたてたらクリックおねがいします!
応援のおかげで次の記事もガンバれます(。・ω・。) ⇒