以前から斎藤一人さんの本を読んでいます。

私の経験から言うと、おばちゃん達は好きですよね。

 

 

斎藤一人 がんばらないでお金も人も引き寄せる人の法則 とか

 

斎藤一人 すべてがうまくいく魔法の法則 とか

 

 

 

今回はこのシンプルなタイトルに惹かれて読みました。

 

 

 

う~ん・・・そんな自信はないな。

 

 

 

[normal_box color=”green” border=”b3″]

” 眼力 ” とは

 

 目で物を見る力。視力。がんりょく。
 物事の善悪・真偽・成否などを見抜く能。がんりょく。

[/normal_box]

とあります。

 

この本で言う ”眼力” は2の方の意味ですね。

 

 

読んでみて、なるほどね~と思う事ばかりです(笑)

 

 

 

 

 

 

この本は、英語の通訳になりたがっている男の人の話から始まります。

 

 

この方は試験に落ちたばかりで、「次は絶対、受かります!!」

と言っており、周りの人も、

「通訳なんてすごいね~」という反応でした。

 

 

まぁ・・そうなりますよね。

英語なんて私は苦手だし、頑張っているのだから受かってほしいと。

 

 

ですが、一人さんは不思議に思い質問しました。

「通訳になった後、仕事はあるの?」

 

 

今時、英語を話せる人は山ほどいます。

帰国子女で、英語の方が自然に出てくる人とか。

 

すでに今、通訳をやっている人でさえ、仕事をもらうのが大変なのに、

何度も試験に落ちるような人が、

生きていくのに十分な仕事をもらえるのか?

 

 

夢を持っているのは素晴らしいことだけど、後の事もきちんと考えておかないと。

『こんなはずじゃなかった~!!』

って泣くこともあり得ます。

 

 

だけど、事前に知ってさえいれば避けて通れるものは山ほどあります。

 

 

そうならないために必要なものが、

”眼力”見抜く力です。

 

 

 

その他に、国際政治や景気の問題を通しての ”眼力”

会社を経営するのに必要な ”眼力” など

わかりやすく、面白い話をたくさん教えてくれます。

 

 

中でも、三代目でつぶれる会社の話は家にピッタリで(笑)

なるほどね~と思わされました(^-^)

 

 

テレビやなんかで毎日得られる情報も、

上辺だけみて右往左往してたらダメだな~と思います。

 

大切なのは自分の頭で考えること!ですね。

 

 

他にも

[imglist icon=”dot2″ color=”green”]
  • なぜ日本人は英語が苦手なのか
  • なぜ小さいうちから、学校で右にならえの教育をさせられるのか
  • なぜ急に「個性の時代だ」と言い出したのか
[/imglist]

 

など、子育て世代にも興味を惹かれる話が満載ですよ。

 

 

 

内容も面白いですが、読みやすいのでサクサク読めると思います。

サクっと読めるのに、深いです (^^♪

 

 

この本を読まなかったら、

疑問にも思わないで、『こういう世の中だから仕方ない』

と思って生きていたであろうことが山ほどあったと思います。

 

 

 

 

 

 

画像の説明文