パーマリンクの設定は、できれば記事を投稿する前に行ってください。

そして、一度設定したら変更しないことをおすすめします。

 

”パーマリンクとは、ウェブサイトの書くページに対して個別に与えられているURLの末尾部分のことです。

パーマネントリンクの略で、ページが増えても変わることのないリンクであることから、固定リンクとも呼ばれます。”

 

SEO HACKSより引用

 

 

パーマリンクの設定方法とおすすめ設定

 

ダッシュボードの 設定 ⇒ パーマリンク設定

 

パーマリンクはいくつかの中から選ぶことが出来ます。

 

SEOに効果があると言われているのは、

URLの中に『カテゴリー名』を含んだものだそうです。

 

カテゴリー名が入ることで、ユーザーにも記事の内容が分かりやすくなります。

Googleはユーザー(読者)の使いやすさを重視しますのでその通りかもしれませんね。

 

 

その場合の設定はこうなります。

カスタム構造にチェックを入れて【/%category%/%postname%/】と入力。

ただし、後でカテゴリーを変更してしまうと、記事のURLが変わってしまって大変なことになります。

 

 

パーマリンクおすすめ設定

 

これをふまえて、私のおすすめは投稿名です。

変更後は、必ず【変更を保存】をクリックしましょう!

 

投稿名を選択した場合は、記事を書く時に、編集画面でURLの末尾を変更します。

*変更しなければ ”記事のタイトル” がそのまま入ります。

 

記事を書いて一度【プレビュー】か【下書き保存】をすると、

タイトルの下の所あたりで編集できるようになります。

 

 

ここには、その内容を表す簡単な英語の文字列を入れるとSEOに効果的だそうです。

 

ちなみに日本語でも入れられますが、URLが暗号のように長くなってしまうのであまりよくないと言われています。

こんな感じになっちゃいます。
https://satoka.com/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%8・・・

 

他の設定をすすめない理由

 

基本数字ベース

自動的に生成される記事ID(数字)が入ります。

数字だと記事の内容がよく分からず、自分でも管理がしにくいです。

 

日付

URLを見ただけで日付が古いと分かり、読んでもらえなくなる可能性があります。

また、記事を更新してもURLの日付部分は、最新の日付に更新されない可能性もあります。

 

 

パーマリンクを変更してはいけない理由

 

パーマリンクを変更すると、記事のURLが全て変わってしまいます!(投稿済みの記事も全て変わります。)

 

どういうことかと言うと、

  • 以前のURLで上がっていたSEO効果がなくなってしまう可能性がある
  • 他のサイトに被リンクをもらっている場合にも、リンクが切れてしまう
  • SNSでシェアされていたものはリセットされる

 

ブログやサイトが大きくなってからの変更は、かなりの覚悟がいりますね。

 

まとめ

 

ちなみに私はカテゴリーを含んだパーマリンクにしていたため、今回思い切って変更しました。

これからもカテゴリーを変える可能性があるので、なるべく早いほうがいいと思ったからです。

 

しかし例え、途中で変更しても打つ手はありそうなので(面倒だし、記事数が多いと不安になりますが・・)、

なるべくパーマリンク設定は、変更しない方向でいけばいいかと思います。

 

画像の説明文