この記事では、

おもしろい文章を書けるようになる3つのコツを紹介します。

 

これからブログを始める方、ブログの書き方で悩んでいる方には

参考になると思いますので読んでみてくださいね♪

面白いブログの順番を真似する

お気に入りのブログはありますか?

 

やることが多くて忙しいときでも、

やる気がでなくて他の人の頑張ってる姿に嫌気が差している時でも

ついつい読んじゃう、そんなブログ。メルマガでもOKです。

 

そういう文章は、

読みたくなるような構成で書かれていることが多いんですね。

なので、そのブログなりメルマガなりを研究してみましょう!

 

メイン

文章を真似するんじゃなくて、順番を真似してくださいねー

 

たとえば、

いつも「です、ます調」でブログを書いているのに、

参考にしたいブログが『〇〇なのは△△であるからだ』という文体だから、

自分もそういう風に書こうとすると疲れちゃいますよね?

 

なので、真似するのは順番や構成です。

 

 

漫才でも、先にオチをいう人はいないですよね。

「つかみ」があって「本ネタ」があって「オチ」があります。

 

慣れたら順番を変えてもOKですが、

おもしろいブログ書きたいなぁと思っているレベルの人なら、

基本にそって書いてみた方がいいと思いますよ。

 

会話調でブログを書く

会話調でブログを書くということも大事なポイントですね。

 

本とかならきちんとした文章で書いた方がいいですが、

ブログって、読むというよりも会話しているような感じで

気軽に読んでいる人が多いんですね。

 

なので、自分が普段使ってる言葉とか言い回しで書けば、

さらーっと読みやすい文章になります。

 

 

そしてここも大事なんですが、書いた後に音読してみましょう

 

なかなか恥ずかしいというか、面倒なんですけど、

これをやるとやらないとでは雲泥の差がでます。

 

声に出して読んでみると、

普段自分が使っている言葉なのかどうかが分かりやすいですね。

 

 

会話風に書くことで何がいいかというと、

文章に自分らしさがでます。

 

 

ブログで何を発信するにしても、

個性を出していかないと目立てないと思いませんか?

 

メイン

星の数ほどあるブログの中で誰かの印象に残るためには、

やっぱり個性が必要なんです

 

その個性を出すのに効果的なのが、

普段の自分でブログを書くということなんです。

 

書いたあとに音読するだけであなたの魅力が伝わりやすくなるので、

ぜひやってみてくださいね♪

 

失敗談を書く

失敗談というのはあまり言いたくないかもしれないですが、

失敗談も大事な魅力のひとつです。

 

失敗談や、できないことなどを楽しく語っている人って、

なんか親近感わきませんか?

 

すごいノウハウばかりを語っている人は雲の上の人みたいな

気がしてしまいますが、失敗しちゃった事なんかを

時々さらしてくれる人って魅力的ですよね。

ほっとするっていうか。

 

なので、

これ書いたらダメ人間だと思われるんじゃないかなぁってことでも、

思い切って書いてみてはいかがでしょうか(笑)

 

 

ただし、稼ぐ系のブログやメルマガでは、

稼げていないことを書く必要はないです。

「この人についていこう!」って思われなくなっちゃいますからね。

 

「まだ稼げてないんですぅ~」って書くのではなくて、

パスワード忘れてログインできなくなったこととか

そういう失敗を書いていきましょう。

 

まとめ

この記事では、

おもしろいブログを書けるようになる3つのコツを紹介しました。

 

  1. 面白いブログの順番を真似する
  2. 会話口調で書く
  3. 失敗談を書く

どうぞ参考にしてみてくださいね♪