【Amazon】大口出品と小口出品の違い

せどりの基本・考え方

Amazonで商品を出品するには、大口出品と小口出品の

2種類があります。

 

この記事では、中古雑誌を出品することを前提に、

2種類の違いを紹介します!

 

大口出品と小口出品の違い

一番の違いは、

大口出品は月額使用料4,980円、小口出品は1点100円がかかる

ことです。

 

大口出品は、1冊も売れなくても月に4,980円かかり、

小口出品だと、1冊売れるごとに100円かかるということですね。

 

ということは、月に約50冊売ることができるなら大口出品を

選んだ方がいいということですね♪

 

Amazonではよく、大口出品の手数料無料キャンペーンを

やっているらしいので、運良くキャンペーンをやっていれば

利用するのもいいですね。

 

ちなみにAmazonの公式説明ではこうでした。

 

・・・どっちが『売上を最大化したい人におすすめ』なん?

 

Amazonの大口出品サービス

大口出品の特徴はこちら。

  • 月額登録手数料4,900円+販売手数料(注文成約時にかかる料金)
  • Amazonで販売していない商品も出品できる
  • 出品数やカテゴリーが無制限(一部制限あり)
  • 大量の商品をまとめて出品できる
  • データ分析レポートが利用できる
  • 法人向け販売機能を使える

 

Amazonの小口出品サービス

小口出品サービスの特徴はこちら。

  • 1点注文ごとに100円+販売手数料(注文成約時にかかる料金)
  • 出品者アカウント設定完了時に1円(アカウント確認料)
  • Amazonにすでにある商品しか販売できない

 

大口出品と小口出品の違い 比較表

簡単に、表にまとめてみました。

大口出品 小口出品
月額使用料 4,900円 ×
基本成約料 × 100円(1注文ごとにかかる)
一括出品ツールの利用 ×
注文管理レポートの利用 ×
出品者独自の配送料金とお届け日時指定の設定 ×
法人向け販売機能の利用 ×
購入者へ提供できる決済方法(出品者出荷の場合) クレジットカード

Amazonギフト券(Amazonショッピングカード)

請求書払い

携帯決済

コンビニ決済

代金引換

Edy払い

 

クレジットカード

Amazonギフト券(Amazonショッピングカード)

請求書払い

携帯決済

利用可能なオプションサービス フルフィルメントby Amazon(FBA)マケプレプライム

Amazonスポンサープロダクト

法人向けサービス

フルフィルメントby Amazon(FBA)

 

まとめ*わたしはこうします。

いろいろ調べて見ましたが、大口出品の方がメリットが多いですよね。

 

データ分析できそうなとことか、支払い方法の選択肢が多いので
そこでお客さんを逃さないとか。

 

で・す・が!
まだペーペーなので、月に50冊売れる根拠もないです。

 

ということで、軌道に乗るまでは小口出品でやってみようと
思います~

 

キャンペーンやってたら大口出品に挑戦したんだけどな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました