Keepa有料版のグラフの見方

せどりの基本・考え方

 

この記事ではKeepa有料版の見方を紹介します。

 

中古雑誌せどりで必要な情報は過去にどのくらい売れているか=今後も売れそうかどのくらいの値段で売れているか=仕入れ価格と比べて利益が取れるかです。

 

中古雑誌せどりのブログだし色々書くとわからなくなるので、中古雑誌せどりに使う部分だけ説明しますね♪

 

Keepaのデータの見方

Keepaに登録すると、Amazonの販売ページに下のようなグラフが出てきます。

ひとつずつ説明していきます。

 

 

 

右側のボタンをクリックで表示される内容を変えることができます。

 

Amazon:Amazonの出品の有無

新品  :新品の価格変動グラフ

中古  :中古の価格変動グラフ

参考価格:参考価格の変動グラフ

New 3rd Party:自己発送(送料込み)で販売した価格と注文日

Amazonによる配送:FBAで販売した価格と注文日

Buy Box:カート価格で販売した価格と注文日

中古品ーほぼ新品 :中古ーほぼ新品で販売した価格と注文日

中古品ー非常に良い:中古品ー非常に良いで販売した価格と注文日

中古品ー良い:中古品ー良いで販売した価格と注文日

中古品ー可 :中古品ー可で販売した価格と注文日

クローズアップビュー:グラフをクローズアップする

 

新品アイテム数:新品の販売数

中古アイテム数:中古の販売数

評価  :商品の評価

レビュー数  :レビューの数の変動

期間  :グラフの表示期間を変更できます

 

 

《一番上のグラフ》

新品や中古の最安値の変動を表してます。

この最安値が低下より高ければプレミア化している期待大ですね♪

 

 

最安値が安くても、付録がなくて安いとか、状態が悪いから安いということもあるのであきらめずにリサーチしましょう。

 

 

《真ん中のグラフ》

これはランキングの変動を表わします。

下に下がった時に売れたと考えます。

 

 

たとえばコチラ。

大体7冊くらい売れてるということになりますね。

 

 

《下のグラフ》

これは出品者数のグラフです。

出品者は少ない方がいいでしょうけど、中古雑誌せどりは販売価格が勝負なので私はあんまり気にしないです。

 

Keepa有料版の見方まとめ

Keepa有料版の見方を紹介しました。

 

中古雑誌せどりに必要な情報は、

  • 過去にどのくらい売れてるか
  • どのくらいの値段で売れているか

の2点です。

 

Keepaの本来の使い方とはズレますが、使い倒してせどりに活かしていきましょう♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました